起業のヒント:レディフルのメルマガ

せっけん作りについて

初めまして。あーりーです。

30代の会社員。平日はリーマン生活を送り、土日で石鹸作りをしています。

あーりーHPプロフィール写真

 

石鹸が手作り出来ることに驚かれることも多いのですが、私が作る「コールドプロセス製法」の石鹸は、

お菓子作りのような工程で、早ければ1時間以内で製作でき、あとは熟成させるだけ。

 

どんな風につくられるのか下記に紹介します。

 

材料を準備する

オリーブオイルやココナッツオイルなど、数種類の植物油と水分・苛性ソーダを用意します。

夏は、さっぱりとした使い心地のために太白胡麻油、日焼け肌のためにレッドパームオイル。

冬は、「森のバター」と呼ばれるアボカドのオイルや甘い香りのヘーゼルナッツオイル。

 

 

好みのオイルをベースに、竹炭パウダー・シアバター・クレイや塩、はちみつなどの素材や、

ハーブ・スパイスも時には用意してみたり。

自分好みのカレーを作るために、あのソースを混ぜてみよう、このスパイスを入れるとどうなるかな?

と試行錯誤するのに似ています。

 

 

混ぜ合わせる

材料の準備が出来たら、苛性ソーダ水を作り、

固形状のオイルは液体状に戻したら、全てを混ぜ合わせます。

 

道具は、お菓子作りで使う泡立て器でok!!!

ボウルにオイルを入れて、20~40分程混ぜ続けます。(時期やオイルの状態によって前後します)

緩めのカスタードクリームのような状態になるまで撹拌しますが、

気を抜くと、お菓子と間違えて味見したくなるので注意が必要です。

 

型入れして1ヶ月熟成

写真はモールドと言われる専用の型を使用していますが、牛乳パックでもよし。

 

混ぜた液体を流し入れ、しばらく保温。

適当なタイミングでカットしたら、1ヶ月前後熟成させて完成です。

 

 

意外と簡単なせっけん作り

どうでしたか?

簡単に作れそう、って思いませんか。

手の込んだ料理やお菓子作りよりもシンプルなステップだったりしますよね。

 

今後ワークショップ等も行う予定なので、

興味がある方は、是非こちらの記事も継続的にチェックください。